イボ治療

ホーム

当院の特徴

一般皮膚科

美容皮膚科

クリニック紹介

よくある質問

アクセス


大きな地図で見る


〒152-0023 東京都目黒区八雲2-11-16

menu

医療レーザー脱毛

フォトフェイシャル

ヒアルロン酸注入

ボトックス注入

自己血小板注入療法

ケミカルピーリング

イオン導入

プラセンタ注射

自由通り皮ふ科


患者の気持ち


イボ治療



イボ治療について


いぼは、医学用語では疣贅(ゆうぜい)と呼ばれていて、いくつかの種類があります。
大きく分けると、ウイルスが原因でできるウイルス性のいぼと、紫外線の影響や遺伝的要因などによる皮膚の老化現象によってできるウイルス性ではないいぼとに分かれます。
尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれている、手足の指や足の裏、肘、膝などにできるいぼは殆どウイルス性のものです。
いぼ治療にはレーザーでの切除、内服薬治療、液体窒素、貼り薬、塗り薬を用いた治療などが挙げられます。


上に戻る


肌にぶつぶつなどができるスキントラブルがあります

●脾粒腫(ひりゅうしゅ)

顔、特に眼の周囲に、直径1~2ミリの白色の、一見するとにきびのコメドの様な小丘疹として生じます。中に角質物質を容れているため硬く、容易にはつぶせません。
治療は極小さな切開を加え、内容物を出します。


●汗管腫(かんかんしゅ)

両眼の下から頬部にかけて、拡大した汗管がおたまじゃくし状の盛り上がりとして生じるのが典型的です。顔以外にも発症することがあります。


●軟性線維腫

中年以降の女性によく見られます。首やワキには直径1~2ミリの肌色や褐色の柔らかいいぼが多発性にみられます。また、胸などには単発性にぶら下がるように生じることがあります。
一種の老化現象といわれています。




上に戻る


ウィルスに感染することが原因の盛り上がりがあります


●尋常性ゆうぜい
ヒト乳頭腫ウィルスの感染が原因です。その中でも最もよく見られるのが尋常性疣贅です。

外傷の多い手足や膝などに好発します。
大きくなるとともに表面がごつごつと盛り上がってきます。


●青年性扁平ゆうぜい

若い方の顔面、頚部、手背、腕などにできやすい傾向があります。

パポバウィルス群のヒト乳頭腫ウィルスの感染によってできる、表面は平らで、大きさは2~5ミリ程度の少しだけ盛り上がった茶色のイボのことをいいます。 一見シミと間違えやすく、ひっかいたりすると、線状に広がってしまうことがあるので注意が必要です。

湿疹やニキビと誤診されて悪化する場合も非常に多くみられます。



上に戻る


イボによく似た皮膚病があります

●水イボ

ポックスウィルス群に属する伝染性軟属腫ウィルスの皮膚感染による、伝染性のできもののことをいいます。
俗に「水イボ」と呼ばれているものです。

乳児から小児に好発する良性のウィルス性腫瘍でもあります。
感染力はそれほど強くありませんが、人から人への直接感染の他に、タオルなどを介する感染も考えられます。米粒程度の丸くやわらかいできものです。
人にうつる場合があるため、早めに治療することをお勧めします。


●脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)
良性皮膚腫瘍です。原因は加齢変化といわれていますが不明です。表皮の細胞増殖による変化で、表面はいぼ状に凸凹したものから、平滑なものまでさまざまです。  盛り上がったしみと称して、外来にいらっしゃる患者さんが多いです。手掌・足底以外のどこにでも生じます。


●老人性角化腫(日光性角化症)

加齢によって生じるイボのことをいいます。老人性イボともいいます。黒く表面がガサガサの腫瘤で、放置すると盛り上がりが強くなることもあります。 紫外線により引き起こされた表皮を構成する細胞ケラチノサイトが異常に厚く堅くなったもので、顔面や手、背中に多くみられます。 自覚症状がない方が多いのですが、軽度の痒みを伴う場合が稀にあります。 徐々に拡大し、表皮の肥厚・萎縮・びらん・角化などの変化が混在するようになると、一部は皮膚癌の一つ、有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)に移行する場合がありますので、早めに専門医を受診されて、組織検査を受けることをお勧めします。


●軟線維腫

皮膚組織が盛り上がってできる柔らかい良性腫瘍の一種です。

アクロコルドン、スキンタッグとも呼ばれ、付け根がくびれて茎になった先に腫瘤が垂れ下がったような形が特徴です。ワキの下や股の付け根、女性の陰部などによく診られます。


上に戻る


治療方法

イボ・盛り上がり

主に炭酸ガスレーザーを用いて、イボ・盛り上がり部分を蒸散させます。レーザー治療なので出血もほとんどなく、イボ・盛り上がり部分以外の組織を傷つけずに治療を行います。
治療後は1週間程度カサブタになります。カサブタは自然にとれますが、赤みや多少陥没する場合もあります。皮膚が再生されていき、3~6ヶ月ほどで皮膚表面がほぼ平らになり、治療跡も目立たなくなっていきます。
また、扁平で薄茶色のイボなどはQスイッチヤグレーザーで治療する場合もあります。
Qスイッチヤグレーザーは、メラニン色素に反応するので、周囲の組織を傷つけることなく、イボの色素だけ除去することができます。
いずれも、治療経験豊富な医師による診断により、最適な治療方法を提案させていただきます。



上に戻る


日常のケア

感染しにくい皮膚をつくる

イボのウィルスは正常な皮膚には感染しにくく、ひげ剃りあとや外傷、乾燥肌に対する引っかき傷などに感染しやすい傾向があります。
保湿など肌荒れ防止のスキンケアをしっかりと行ってください。


上に戻る


24時間いつでも診療予約ができるオンライン診療予約

自由通り皮ふ科アクセスはこちら



クリニック概要

自由通り皮ふ科

[ADRESS] 〒152-0023 東京都目黒区八雲2-11-16

[TEL] 03-3717-1212


[最寄駅] 都立大学駅から徒歩8分 自由が丘駅から徒歩13分

■都立大学駅 改札出て左に、目黒通りを渡りまた左へ
モスバーガーの脇(呑川緑道)を直進(約400m)で
自由通りに出たら、"てらだ動物病院"の角を左に曲がり3軒目、都南サービス隣


[東急バス]

■渋34系統(渋谷駅~東京医療センター)…中根町交番前

■渋11系統(渋谷~駒澤大学~医療センター~自由が丘~田園調布)…中根町交番前

■黒02系統(目黒駅~二子玉川駅)…中根町

■都立01系統(成城学園~都立大学駅北口)…中根町

■東98系統(等々力操車所~目黒駅~東京駅南口)…中根町


■駐車場有 ※各種保険取扱い


[診療時間]
○月 - 木 09:00 - 12:00 15:00 - 18:30
▲土曜 10:00 - 14:00 [休診日] 金曜・日曜・祝日


診療時間
09:00 - 12:00 × × ×
15:00 - 18:30 × × × ×