しみ治療・そばかす治療

ホーム

当院の特徴

一般皮膚科

美容皮膚科

クリニック紹介

よくある質問

アクセス


大きな地図で見る


〒152-0023 東京都目黒区八雲2-11-16

menu

医療レーザー脱毛

フォトフェイシャル

ヒアルロン酸注入

ボトックス注入

自己血小板注入療法

ケミカルピーリング

イオン導入

プラセンタ注射

自由通り皮ふ科


患者の気持ち


しみ・そばかす治療



しみについて

しみには様々な原因がありますが、正常に排出されず肌に残ったメラニン色素をしみと呼びます。


一人一人のしみの原因を徹底究明し、しみのもとであるメラニンやメラニンを作り出すメラノサイトについて検証し、より適切な治療を行う事が大切です。


上に戻る


しみの種類

老人性色素斑

日光性黒子とも呼ばれ、早ければ30歳代で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日光(紫外線)にあたるところに出る濃い褐色ではっきりとしたしみを指します。


加齢・紫外線の影響でできる茶色い色素斑です。 しみの多くはこのタイプにあたります。


発生当初は薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりしてきます。


しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。顔の側面にできやすく、何年も経つと隆起してくる場合もあります。

そばかす

幼少期より遺伝的に発生することが多く、思春期にはっきりとする。鼻を中心に左右対称に現れる小さい色素斑のことをいいます。


主に顔の目の下にみられる、直径3~5ミリの細かく散在した茶色の色素斑で、手・背中・肩にもできることがあります。紫外線の影響で濃くなる場合もあり、再発しやすい点が挙げられます。

肝斑(かんぱん)

目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに左右対称で現れるのが特徴です。


一説には女性ホルモンが大きく関与していると言われ、その他に妊娠やピル・心理的原因・肝機能障害・皮膚への過剰刺激・紫外線など原因は様々です。

色素沈着

皮膚は何らかのダメージを受けると炎症を起こし、炎症が強いとその後に色素沈着を残します。


ニキビ跡の色素沈着、アトピー性皮膚炎の色素沈着、傷跡の色素沈着、レーザー治療後の色素沈着などが挙げられます。


炎症が続かなければ、時間の経過と共に消失しますが、場合によっては長期間残存することがあり、その間に紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

成人になってから頬や額の両側に現れます。


雀卵斑(そばかす)より少し大きいくらいのグレーから紫がかったアザです。


アザと聞くと、生まれつきあるものと思われがちですが、成人になって発現するアザもあります。


他のしみとの区別が難しく、肝斑が混在すると判別しにくくなります。

上に戻る

当院の治療方法

QスイッチYAGレーザー(Spectra VRMⅢ/Lutronic)


しみ、しわ、色素沈着の改善、毛穴縮小に効果のある医療機器で、世界最短のナノ秒台のパルス幅を持つQスイッチモードレーザーです。


レーザー治療とはシミの原因である表皮の異常メラニンを破壊し、新しい正常な表皮を再生させることです。すなわち、レーザーの光がシミを剥ぎ取り、それにより生じた「すり傷」が次第に治癒して新しい表皮ができ、それがシミより薄くなっていくという事です。


上に戻る


治療手順

1. レーザー照射(個別のシミに対して)

通常個別のしみに対しては、QスイッチYAGレーザー(1照射3mmスポットサイズ)で照射します。



実際の痛みは輪ゴムで軽く弾かれる程度ですが、一瞬ですので特に表面麻酔を使用する必要はありません。その後しばらくすり傷同様のひりひり感が続きますが、すぐに治まります。

2. レーザー照射直後の処置

レーザー照射部位を肌色テープで覆います。


このテープは1週間後の診察時まで貼ったままにしてください。
テープをしたままで洗顔・入浴・お化粧が可能です。

3. レーザー照射直後の処置

診察時にテープを取り除きます。
レーザーを照射したシミは、かさぶたとして一緒に剥がれ落ちます。


多少かさぶたが残っている場合は、無理に剥がさず、洗顔等で自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。強くこすって剥がすのは新しいシミの原因となりますので、控えてください。照射部への化粧も可能となります。

4. アフターケア

レーザー照射部は1~2か月程炎症の為に赤みを呈します。


できるだけ早く赤みを引かせ、表皮を新生させ、かつ新たな色素の生成を抑えるために、ビタミンC誘導体配合化粧品のご使用をおすすめいたします。


また、紫外線による色素沈着を予防するために日焼け止めクリームを塗り化粧で保護してください。特に長時間が野外に出られるときは、遮光のためテープを貼られることもお勧めします。赤みは次第に薄くなり、気にならなくなります。

上に戻る


治療例

  


治療例1

数回のレーザー照射で色素沈着(画像左)が徐々に改善されてきました。




  


治療例2

頬の側面に所見するしみ(画像左)ですが、数回によるレーザー照射によって徐々に改善されてきました。

  


治療例3

画像左の治療前に比べ、色素沈着が改善されていることがわかります(画像右:治療後)


QスイッチYAGレーザー料金表


上に戻る


フォトフェイシャル

IPL(Intense Pulse Light)という強力光線を肌に照射する治療法がフォトフェイシャルです。
しみや赤み、毛穴の開きなど皮膚に関するあらゆるトラブルを改善します。
単一波長のレーザーとは違い、ある程度の幅を持った波長帯の光線を真皮深層にまとめて照射し細胞そのものを活性化。光の波長に幅があるのでそれぞれの肌トラブルに応じた効果が何かしら必ずあらわれるというわけです。



しみ、そばかす、くすみ、赤ら顔や毛細血管の浮きを改善すると同時にしわや肌質そのものの若返りに効果を発揮します。コラーゲンが増え肌のキメが細かくなり10年前の弾力性が蘇ります。


安全で有効な光エネルギーだけを照射するので、治療後に炎症がおきたりかさぶたができるといったトラブルの心配もありません。
1回の治療時間は10分程度なので、すぐにご帰宅頂けます。


上に戻る


当院の使用機器【IPL(NatuLight/ルミナス)】

フォトフェイシャルで最も定評のある装置で、複合機ではなく唯一のフォトフェイシャル専用機です。
当院では、560、590、640の3種類のヘッドをご用意しておりますので、その日の患者様一人ひとりの肌の状態に合わせて、医師が出力設定し施術を行ないます。
当院は、フォトフェイシャル協会加盟医療機関です。


上に戻る


治療例



治療例1

年齢とともに徐々に目立ってくる毛穴の開き。

フォトフェイシャルは開いた毛穴を引き締め、キメの整った肌に近付けます。



  


治療例2

治療前(左)と治療後(右) の画像です。

数回の治療で毛穴の開きがほとんど目立たなくなりました。


上に戻る


治療の流れ

1. まずはカウンセリング

当院では、最適な治療を行うために、入念なカウンセリングを行います。
ご自身の症状、お悩みがこの治療法に適応しているか、またどれぐらいの効果が出るか、そして予算に関してなどしっかりとご説明します。

2.肌チェック

肌質や肌のコンディションを細かくチェック致します。

※敏感肌やアレルギー体質の方は予めご相談下さい。

3.洗顔

肝心なのは、光がしっかりまんべんなく肌に届くことです。

そのためお化粧をしてこなくても、洗顔を必ずしていただきます。

4.フォトフェイシャル

肌を保護しながら光を照射するための、専用ジェルを塗りながら行います。

治療後に炎症がおきたり、大きなかさぶたができるといったトラブルのご心配はありません。

5.終了

直後に院内のパウダールームにてメイクをしてすぐにご帰宅頂けます。


もちろん、治療後に軟膏やテープなどを貼る必要もありません。

日焼け止めを塗って、紫外線にお気をつけ下さい。


※シミの部分にマイクロクラストと呼ばれる茶色い砂をまぶした様なかさぶたが出来ることがあります。 通常、フォトフェイシャル施術後3日位から浮き出はじめ、1週間から10日ほどで自然になくなります。


フォトフェイシャル料金表


上に戻る


ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは酸で皮膚を溶かし新たな皮膚を再生させる治療です。

主にニキビやニキビ痕などの症状改善に有効です。

また、肌質改善などの効果も期待できます。
肌を溶かすというと怖いイメージをお持ちになる方もおられると思いますが皮膚科のケミカルピーリングは適切に行えば、とても効果的な治療方法なのです。


上に戻る


ケミカルピーリングで使用する薬剤

グリコール酸

日本でもっとも一般的に使用されるフルーツ酸。当皮膚科では自家調剤で濃度35%で作成。
酸のPH(ペーハー)はあえて調整していませんので、効果的な治療が可能です。
(医療機関以外では、低濃度または酸PHを調整したピーリング製剤しか使用できません。)
塗布中(10分程度)に多少のピリピリ感があります。
ケミカルピーリング直後から肌のツルツル感が実感できるでしょう。

サリチル酸

サリチル酸はエタノール基剤での製剤が以前より知られていましたが、痛みが強く、一般的にはほとんど使用されてきませんでした。


しかし最近ポリエチレングリコール基剤での製剤により、痛みが少なく効果的な治療が可能ということが分かってきました。(現在は医療機関のみで取扱可能です。)
塗布した酸をふき取る際に多少のピリピリ感があります。
ケミカルピーリング後1~2 週間後から、お肌の変化が実感できるはずです。グリコール酸よりも、にきび原因となる「コメド=角栓」ができにくいというデータが発表されました。

乳酸

乳酸はAHA(アルファヒドロキシ酸)の一種です。

人間が正常な生理機能を維持する上でとても大切で、体内で毎日120gの乳酸が作られています。

古くはクレオパトラも乳酸の恩恵にあやかっていたようです。



各種酸の向き不向きは、好みもあり一概には言えませんが、グリコール酸治療結果に今ひとつご満足されていない患者様にはサリチル酸や乳酸でのケミカルピーリングがお勧めです。
また当院でニキビ治療のケミカルピーリングを受けられる場合は、肌タイプに合わせて随時治療方法を患者様と一緒に決めさせていただきます。


大切なことは患者様個々にあったケミカルピーリング剤で治療を行うことです。


上に戻る


治療の流れ


1. 診察

お肌の状態を診察し、使用するケミカルピーリング剤を決定。

2.洗顔


ケミカルピーリング前にパウダールームにて洗顔していただきます。洗顔料やタオルは当皮膚科にてご用意しております。


3.ケミカルピーリング開始

→薬剤を顔にのせ3~5分おきます。


→患者様自身が洗顔後ベッドにもどり、ナースが薬剤をふき取ります。


→再度ドクターの診察があり終了です。

  


ケミカルピーリング後、お肌はしっとりツルツルと生まれ変わります。
直後からお化粧も可能。 赤みは部分的にほんのりピンク色になる程度です。


その他

所要時間 : 40分~1時間程度
通院ペース :2週間~1ヶ月に一度

上に戻る


治療例

 


治療例

しみ除去の治療例です。

治療前(左)治療後(右)

数回の治療でしみが改善してきました。


ケミカルピーリング料金表



上に戻る


イオン導入


目もと周りのお肌はとても敏感なので、1日のあいだに大量の紫外線を吸収してしまいます。

シミやクスミのケアをしている方ほど、実はシミやくすみは目立ってしまいます。

当院のイオン導入を行うことで目もとのシミやくすみを効果的に改善することができます。


カウンセリングでお肌を診断した後、美白効果のある有効成分を丁寧に導入し、デリケートなお肌にも深く効果的にイオンを浸透させます。

当院の使用機器は医療機関のみ使用できるサンソリット社のものを使用しております。


上に戻る


イオン導入とは

イオン導入とは簡単に言うとお肌に微弱な直流電流(だいたい0.2~2.4mA)を流し、皮膚表面のイオンバランスをコントロールすることによって、栄養分を効果的に真皮層に浸透させる方法です。


「+(プラス)」と「-(マイナス)」のように性質の違うもの同士は引き合いますが、「+」と「+」、「-」と「-」のように同じ性質のものは反発する性質があります。イオン導入はこの理屈を応用したものです。

マイナス極からの電流を流すことでプラスイオンは皮膚の表面に引き寄せられ、マイナスイオン(水に溶けるとマイナスに帯電するイオン)は反発し皮膚の深部に送り込まれます。プラス極から電流を流すときはこの逆になります。



プラセンタ原液またはビタミンC誘導体を導入する事で、みずみずしいお肌を生産し張りとツヤを実感することができます。


上に戻る


イオン導入の治療法


はじめに通常のクレンジングでは落しきれない毛穴の汚れを電気の力で引き出し、汚れを取り去った後にイオンの効果でプラセンタを皮膚の深くまで確実に浸透させます。


施行時間は10分程度で皮膚の状態によっては軽いピリピリ感を伴いますが、そういう場合は電流を弱くすることができます。
仕上げに低周波によるマッサージでお肌を引き締め、みずみずしくハリのあるお肌に生まれ変わります。


また、ケミカルピーリングの後に施行すると更に効果的に浸透させることができます。


上に戻る


治療例

  


治療例1

治療前(左)、治療後(右)の治療例です。

シミの改善と同時にお肌のきめも整ってきました。



  


治療例2

イオン導入により、シミ、くすみの改善とあわせシワやたるみも改善されています。

(治療前:左・治療後:右)


イオン導入料金表



上に戻る


外用(美肌クリーム)

当院ではハイドロキノンという成分が配合されたしみ取り用の美肌クリームを使用します。

ハイドロキノンとはしみの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分です。


外用クリーム(美肌クリーム)料金表


上に戻る


内服(ビタミンC・トラネキサム酸)

当院では、しみや肝斑の治療法として、主にトラネキサム酸やビタミンC配合の内服薬での治療も行っております。


上に戻る


費用

●QスイッチYAGレーザー

肝斑治療
(1回ごと)

\27,000-

肝斑治療
(5回セット)

\108,000-(1回あたり\22,217-)

カーボンピーリング鼻
(1回ごと)

\10,800-

カーボンピーリング鼻
(5回セット)

\43,200-(1回あたり\8,887-)

カーボンピーリング鼻頬
(1回ごと)

\16,200-

カーボンピーリング鼻頬
(5回セット)

\64,800-(1回あたり\13,330-)

カーボンピーリング顔全体
(1回ごと)

\21,600-

カーボンピーリング顔全体
(5回セット)

\86,400-(1回あたり\17,280-)

シミ

1m㎡あたり\216-


●フォトフェイシャル

1回ごと

\34,560-

5回セット

\138,240-(1回あたり\28,438-)


●ケミカルピーリング

1剤(1回ごと)

\12,960-

1剤(5回セット)

\51,840-(1回あたり\10,664-)

2剤(1回ごと)

\21,600-

2剤(5回セット)

\86,400-(1回あたり\17,774-)


●イオン導入

1回ごと

\8,640-

5回セット

\34,560-(1回あたり\6,912-)


●ケミカルピーリング+イオン導入

1剤(1回ごと)

\19,440-

1剤(5回セット)

\77,760-(1回あたり\15,552-)

2剤(1回ごと)

\27,000-

2剤(5回セット)

\108,000-(1回あたり\21,600-)


●外用(美肌クリーム)

1回

\3,240-


※自由診療につきましては、料金が変更になる場合がございます。

※症状によって多少異なる場合がございます。


上に戻る


24時間いつでも診療予約ができるオンライン診療予約

自由通り皮ふ科アクセスはこちら



クリニック概要

自由通り皮ふ科

[ADRESS] 〒152-0023 東京都目黒区八雲2-11-16

[TEL] 03-3717-1212


[最寄駅] 都立大学駅から徒歩8分 自由が丘駅から徒歩13分

■都立大学駅 改札出て左に、目黒通りを渡りまた左へ
モスバーガーの脇(呑川緑道)を直進(約400m)で
自由通りに出たら、"てらだ動物病院"の角を左に曲がり3軒目、都南サービス隣


[東急バス]

■渋34系統(渋谷駅~東京医療センター)…中根町交番前

■渋11系統(渋谷~駒澤大学~医療センター~自由が丘~田園調布)…中根町交番前

■黒02系統(目黒駅~二子玉川駅)…中根町

■都立01系統(成城学園~都立大学駅北口)…中根町

■東98系統(等々力操車所~目黒駅~東京駅南口)…中根町


■駐車場有 ※各種保険取扱い


[診療時間]
○月 - 木 09:00 - 12:00 15:00 - 18:30
▲土曜 10:00 - 14:00 [休診日] 金曜・日曜・祝日


診療時間
09:00 - 12:00 × × ×
15:00 - 18:30 × × × ×